関西に「名南」ブランドを浸透させる

大阪法人部 アドバイザー
川浦 真司

愛知県出身
地方銀行入行後、愛知、岐阜にて法人営業を経験し、その後M&Aアドバイザリー業務に従事。
現場での啓蒙活動を行い、多数の事業承継型M&Aの成約実績あり。
名南M&A株式会社に参画後、拠点を大阪に移し、M&A支援を行う。

オーナー社長のビジネス人生の集大成をサポート

M&Aアドバイザリー業務は達成感・やりがいを強く感じることができる仕事だと思います。
長年トップとして従業員を牽引された「人生の大先輩であるオーナー社長」に対して、M&Aを活用することで、事業承継問題を解決に導くことができます。
今まで社名すら知らなかった企業に、大切な従業員・取引先等を託し、笑顔でビジネス人生を遂げていく社長の姿を見届けた時に最高の喜びと達成感を感じます。
ご成約の際に社長から「あなたに任せて良かった。」の一言を頂ける時は何物にも代えがたい瞬間です。

関西に「名南」ブランドを浸透させる

当社は名古屋に本社を置き、東海地区に密着したM&A会社として成長を続けてきました。名古屋に常駐するM&Aアドバイザーの数は国内最大級です。ただし、大阪オフィスを開設したのは2019年4月であり、メンバーも少数、まだまだ関西での知名度は高くありません。
当社は事業承継にお悩みのお客様を金融機関、士業、事業会社の皆様からご紹介いただいております。お客様に対し、最適な提案を行うことに全力を注ぎ、皆様から「名南」に任せれば安心だ、と仰っていただけるようなブランドを作り上げていきたいと考えています。

メンバーの個性を大切にする社風

当社は事業拡大中であり、毎年人員が増加し、その度にメンバーが刺激を受け、組織が活性化していると感じます。私自身、中途入社した立場ですが、メンバーに暖かく迎え入れてもらい、自身の個性を活かした仕事ができております。
また、常日頃からオフィス内では上下の関係なく闊達に意見交換が行われており、各個人の成長に繋がっています。
昨今のオーナー社長様の高齢化・労働者不足を背景に、M&Aを選択される企業が増えております。是非、一緒に事業承継問題に取り組み、名南M&Aを大きくしていきましょう。

自らを高め、社会に貢献する実感

事業開発部 副部長
MBA(経営学修士)
小玉 智之

“何かを賭ける”に値する機会に、巡りあえた幸運

大阪法人部 部長

CMA®(日本証券アナリスト協会検定会員)

浅野 宣之

想像できることは実現できる

金融法人部 課長
水落 優

ヘルスケア分野のM&Aで社会貢献を

医療支援部 部長
矢野 好臣