医療M&Aとは...

医院承継にて地域医療を後進に託す医師と、その志を受け継ぐ医師。

医療機関のM&Aとは、病院の経営権や運営する事業を、ほかの医業従事者に譲渡することです。譲り受けた側の医療従事業者は、病院の施設や設備、人材などの経営資源を活用してより良い病院として維持しながら長い時間をかけて発展させていきます。譲り渡した側にも、譲り受けた側にも、そして地域や患者さん、その病院で勤務する従業員にもメリットがある「三方良し」となるM&Aを私たちはお手伝いいたします。

名南M&Aの医療専門チームが「三方良し」の承継開業をサポート|譲り渡した側(経営権や運営する事業を譲渡)→「地域:人々の命と健康を守る役割を保つ」「患者さん:今後も通院することができる」「従業員:働き続けることができる」←譲り受けた側(経営資源を活用してより良い病院として維持・発展)

私たち医業専門チームが考える医療M&Aの成功とは...

医療M&Aは、単に「既得権である病床を高値で譲って儲けよう」といったものでは、決してありませんし、そのような考え方だけで取り組むと、たいてい失敗につながります。病院が続くことで、患者さん、スタッフさんそして地域の皆さんにとって将来までハッピーな状態が続き、その上で、経営者やご家族にも、安心した生活が送れる...。これこそ、M&Aの大成功と呼ぶべき状態だと、私たちは考えています。

名南M&Aの強み

医業の事業承継に特化した専門チーム

名南M&Aでは、一般事業会社とは異なる対応が求められる医療業界の事業承継に対し、豊富な経験と実績を有する専門チームがワンストップでサポート致します。

グループ総合力

名南コンサルティングネットワークは、税務、財務、労務、法務、不動産等、各分野の専門家を擁しています。また、これまで800件以上の病院、クリニック運営をサポートしてきたノウハウをフル活用し、当事者にとって最適な形を提案致します。

名南M&A の「医院承継」サポート 特設サイト

医療M&Aについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

志を、地域医療を、未来へつなぐ。「医院承継による独立開業」という選択